Home > 藤田を語る
団体セミナー・研修
パーソナルセミナー
“4月20日は「聴く」の日”藤田潮著『「聴く」の本』幻冬舎ルネッサンス

「聴くこと」を重視する「コーチ」&講演家。

◆研修を複数回ご活用の皆様


研修生に真正面からぶつかっていく勇気
藤田先生の講義には活気があります。
それは、研修生に真正面からぶつかっていく勇気のたまものだと思います。自分をあらわにして人に対面する、そして待つ、見る、聴く、話す。そんな姿勢が研修生に伝わって勇気が勇気を呼び、活気と元気を作り出すのではないでしょうか
一般社団法人 日本経営協会
理事・行政本部長 池田隆年 様

受講生の心を鷲掴み
 藤田先生には「社内コミュニケーション」について課題を抱えている 企業様への研修を何度か実施していただきました。
 藤田先生の講義は、流れがわかりやすく明快なのはもちろん、 先生の親しみやすく人間味あふれるお人柄こそが受講生の心を鷲掴みにしてしまうのです。 人事担当者の方や受講生の評価も大満足でした。
 以前講義していただいた先の社長も「藤田先生のような女性に育ってくれれば」と 社員さんへ仰っていたのが印象的です。
株式会社べレフェクト
営業部女子課
代表取締役 太田彩子 様

藤田潮式コーチング
 私が藤田さんと初めてお会いしたのは平成18年のことです。おつきあいは、もう、5年以上になります。  初めてお会いした時から、お人柄に引き込まれてしまいました。  持ち前の明るさはもちろんですが、お話ししていると、 私自身にもどんどんとアイディアがわいてきて、  「アラ、わたし、こんなこと考えてたのね」  と気づき嬉しくなっちゃう・・・。  そんな気付きを与えてくださる方です。
 当法人では何度も藤田さんに講師をお願いしています。NPO法人向けの講義もありますし、 当法人が依頼された研修の講師としてお招きしたこともあります。 藤田さんは勉強家で、コーチングに加えて、健康や保育など これからの日本人が大切にしていかなければならない領域にも造詣が深く、いまでも藤田潮式コーチングを、必要とされるところに伝えていらっしゃいますが今後はさらに「人間へのアプローチの新手法〜藤田潮方式〜」を開発されるのではないかとわたしは確信しています。
 さて、NPO法人は、人材が宝です。  宝は、キラキラ光っていて欲しいのですが、 大人はいろいろ背景を抱えているので、時々光が鈍くなってしまいます。 そんな時に、藤田さんの講義に参加すると、 皆、目を輝かせて頬が紅潮し 少女のような顔になり、 次の日からニコニコ活動できます。  藤田さんはこれから「ラフター」という手法を使って 幅広い方々へ新しいアプローチを始めるとうかがっています。  当法人の職員にも真っ先に体験させたいと考えています。  藤田さん、これからも新しい風、きらめく心を運んできてくださいね。

教育的価値が高い機会
  私は、関東北部の医療系大学看護学部で「ボランティア講義」を担当しております。 藤田先生には「『聴く』こと の重要性」というタイトルでご講演、ワークショップをして頂いております。
 近年の学生は、親しい友人以外と接することが苦手で、積極的に 新しい友だちを作ることも苦手になってきています。 さらに、会話は一方的な情報発信になっており、相手の情報を受け取る技術が低下してい ます。 看護職に就こうとしている学生は、新しい人と接することはもちろん、相手が伝えようとしていることを的確に把握することが強く求め られます。 それは耳で「聞く」だけではなく、しぐさや語調などから総合的に「聴く」ことが不可欠です。 このことを「知る」だけではなく 「理解」するには、実際に体験し、感じ、気づくことが大切です。
 藤田先生には、学生の「聴く」技術を育む非常に教育的価値が高い機会をご提供いただいており、このような場がさらに広がることを心より願っております。

個々に合った業務効率に繋がります
 私が初めてコーチングと言う言葉を聞いたのは今から7年前。
 その頃保育園ではコンサルタントを導入して園の活性化と保育事業の見直しの為に改革を行っていました。熱心な職員に恵まれ運営業務のハード面が整い大きなレールが出来た事を思い出されます。時期を同じにして今後の経営改革に不可欠な事は人材であり直接現場に立つ職員こそが園の財産であり職員のソフト面の充実を考えました。職員一人ひとりの持つ保育に対する知恵や熱意を引出す事が自分の課題だと悩んでいる時に藤田先生のコーチングに出逢いました。
 先生の講演には職員育成は勿論のこと対人関係についてもスキルアップできる講座で、職員の特性を知る事が個々に合った業務効率に繋がる事や、職員の業務上の相談も聞き役に趣を置く重要性を学ぶ機会となりました。言葉には無限の力がありコーチングには自己スキルアップの為に継続的に学んで行きたいと感じております。
第2府中保育園
園長 目時寿美子 様

講師依頼するには理由があります
 私が藤田さんに講師依頼する理由ベスト10
・藤田さんの自宅と私の職場が近い。
・藤田さんのタイムマネジメントのクラスコーチを受けたときに、非常に話がわかりやすかった印象があった。
・コーチとコーヒーを一緒に飲んで世間話がしたい人。
・お高くないところ(ほめ言葉ではないかも…)
・専門用語をほとんど使わない。
・講師費用が相談できる。
・私のイメージ通りの研修を組み立ててくれる。
・研修を依頼する場合に日程調整がしやすい(すごく忙しいコーチでないため)
・時々参加していた府中や東京体育館で行うセミナーでは必ずき気づきがあった。
・パーソナルコーチもいい(コーチングの枠にはまっていなかったためかも…)
・自分の体験や身近な情報提供もしてくれる。
社会福祉法人弥生会 くにたち苑
統括施設長 林瑞哉 様

◆パーソナルコーチングご活用の皆様


コーチとしての力量だけじゃない!
 私が藤田コーチのコーチングを受けようと決めた理由は、 オリエンテーションを受けた際、 「コーチとしての力量がある!」と感じたからです。 また、藤田コーチが私と同じワーキングマザーであるということ。 そして、闘病経験「出産関係で入院されたことがあるなど」があるということです。 「藤田コーチは、コーチの力量だけではなく、人の痛みがきっと分かる方だ。」 そう、私の直感は言っていました。
 結果はもちろん大正解! 私は藤田コーチのコーチングを受けて、 夢にまでみた、「海外(カナダ)で起業」が実現できたのです。 それも、子育てと両立しながら。 自分ひとりなら、きっと今頃まだ 「勇気がない〜」などと言っていたかもしれません。 現在の私があるのも、藤田コーチの応援と コーチングの賜物です。 藤田コーチには感謝してもしきれません。
キャリアコーチ
大串みさ子 様

出会った人を本気で応援してくれます
 10年前、私が首の骨を折り社会復帰を目指しリハビリする中その出会ったリハビリの先生がコーチングを学んでいてくれました。 その彼のおかげ毎日のリハビリが楽しく充実したものとなり霜害を残しながらも社会復帰ができました。 その後、この体験から教育現場にコーチングが広まったら・・・その思いから勉強を始めたときにご縁がつながりました。
 藤田さんの強みそれは聴いて欲しい、なかなか言えない心の声を聴いてくれること そのフラットで安心できる環境をすぐに作り出せ信頼ができること。 そこには彼女のやはり命と向き合う体験があったから。 生命力の強さとともろさを知っている彼女。 だから優しく安心できる。 だから厳しく本気で向き合える。 だから相手を信じ切れる。 だからコーチをやっている。 出会った人を彼女は本気で応援するから。
 私は彼女が大好きです。 彼女のコーチングは成果と共に 自分に優しくするコツまで学ばせてもらえます。
お得ですよ!!
 潮さん、いつもありがとう。 感謝をこめて 

研修がきっかけで私自身のコーチに
 藤田コーチとの出会いは10年近く前のこと。 中間管理職の研修に講師として来ていただきました。 素直に講義を聞くよりも一言もの申すタイプが多い 我が社のスタッフも満足して研修を終えたことを 覚えています。
 5年ほどたった頃、その研修を鮮烈に記憶して いた私は、自分が主催する研修プログラムに再度講師 としてお呼びしたほどです。子どもの教育にたずさわる 女性たち(ホームティーチャー)の研修でしたが、藤田 コーチ自身も3人のお子さんを抱えながら活躍されている のを見て、「ぐっ!」と参加者の心をつかんだような 気がしました。 そして自著『聴くの本』にも書かれているように、教育者として 「聴く」ことの大事さと難しさを学んだ研修でした。
 そんな縁があって私自身もコーチングの勉強を本格的に 始め、またまたその勢いで私自身のコーチとなっていた だいてます。
 藤田コーチはブログやTwitter,Facebookなどでよくつぶやかれる 方なのですが、その内容がとっても生活感あふれているのが 私は大好きです。
ラボ教育センター
神奈川総局 総局長 道上忠之 様

◆身近で応援してくださる皆様


何を話しても受け取ってもらえる幅の広さ
 コーチ仲間、ママ友でもある藤田潮コーチ。
 いつ会って話しても 前向きなエネルギーをいただける方です。人生経験はかなり豊富で、 何を話しても受け取ってもらえる幅の広さがあります。また、ビジネス 経験も積んでおられるので、持ち前のクリエイティブさ、独創性を 加味した面白くもひとひねりある講演、研修を提供されています!!
キャリアコーチ
小林久美 様

私が最も信頼するコーチの一人
 藤田コーチとは戦友みたいなものです。 同じ時期にコーチングのトレーニングに参加して 成人学習のクラスメートになりました。それからは様々なタイミングで仕事を一緒にさせていただきました。
 最初は、私の拙著「親子実践会話術」の執筆に協力してもらい、次は元所属していた企業の マネージャー研修のサポートとコーチングを受け持ってもらい、私の公開セミナーのサポートもしてもらいました。 今は、最高のコーチング研修を提供する私のチームの一員として、高い研修を提供してもらっています。
 お互いプロとしての自覚がある人間が、長い間協力していくには、深い信頼が根底に必要だと思います。 藤田コーチは、プロとしての知識、スキル、経験、そして人格を有する、私が最も信頼するコーチのお一人です。

プロ中のプロに指針を示していただきました
 藤田潮さんはプロ中のプロである。
 なぜならコーチングという、「聴く」ということにおいてプロを感じさせないからである。この感覚は何だろう。強いて言えば『いとこ』かな。近すぎず、遠すぎず。下過ぎなくて、もちろん上過ぎない。だから久しぶりに会っても、すぐに話に入れる。そのポジショニング能力は、プロ野球の守備の名手と同じだ。目立つプレーではなく、相手のわずかな気配や心理、そして味方のインサイドワークなどあらゆる状況を判断し、そこに打球が飛んでくる場所で待っているのである。それゆえファインプレーが普通のプレーなるのである。何年も経って私はやっとそんなことがわかり始めてきている。
 そして、著書『「聴く」の本』は私にとってはどのページを捲っても、懐かしのH2O『想い出がいっぱい』になってしまう。全ての事例が自分の至らなさから起きた悲しい想い出を映し出してしまう。あの時、どうしてもっと「聴く」ことが出来なかったんだろう。今の自分ならもう少し何とかできたのではないか……。この本は少なくとも私には、確実に指針を示してくれた。「聴く」「聴かれる」という意識がなかった私に、それが人にはとても大切だということ教えてくれたのである。
幻冬舎ルネッサンス
営業局長 田村尚弘 様

きっと後悔はさせません
 藤田潮コーチにはいつも、表に裏に、陰に日向に、大変、お世話になっております。
 頼まれたら嫌と言えない頼れる姉さん、肝っ玉母さん、そして外見の通り、これぞと決めたら意志を貫く強さも 持っていらっしゃいます。
 研修、講演、コーチング、、、個人的な悩み相談まで! ここぞ、というときに、気楽に相談してみることをお勧め致します。 きっと後悔はさせません!
株式会社コーチングバンク
代表取締役 原口佳典 様

 | ごあいさつ | コーチングって何だろう? | 団体セミナー・研修| パーソナルコーチング | 藤田を語る | お問い合わせ